土地家屋調査士や保育士、家事代行の資格|独立できる狙い目資格!

Real Estate

求人情報の大切さ

新卒保育士の求人で気を付けること

study

児童養護施設等の入所型の児童福祉施設での職員配置基準が向上したことや働く女性の増加に伴い保育所の新設が続いていることにより、新卒保育士を求める声が大きくなってきています。このように保育士の需要が多い時こそ、保育士の資格を取得するメリットがあると言えます。しかし保育は対人援助サービスですので、マニュアル通りにやっていればよいというものではありません。そのため新卒で初めて就職したときにうまくいかず心身とも疲れ切ってしまうと早々に退職し、以後保育士にはならないという人が多い傾向があります。子どもが好きだからという理由だけではなかなか続けられないほど厳しい職業ではありますが、資格取得を目指す人の数は年々多くなっています。

保育士として長く働くため

保育士として働くことを目指して資格取得の勉強をするのであれば、短大や大学、または専門学校などへ通う必要があります。近年保育士の給料が徐々に高くなってきたり、保育所や託児施設が増加したことで保育士の需要も高くなってきています。そのため資格取得を目指せるためのスクールも増えました。保育士は子どもが好きだということは大前提ですが、他にも責任感や引率力など様々な要素を併せ持つ存在でなければいけません。資格を取得してもいざ働いてみると思っているよりも肉体的につらいというケースもあります。資格を取得する上で、実習などを通ししっかり現場での働き方を確認することが大切です。学校では保育士として必要な知識の他にも、心構えや気持ちの強さを学ぶことが出来ます。