土地家屋調査士や保育士、家事代行の資格|独立できる狙い目資格!

Real Estate

求人情報の大切さ

study

児童福祉施設が増加したことなどによって保育士の需要が高くなっています。保育士として働くために資格取得を目指す人もまた増えていて、専門もスクールなどに通い勉強に励んでいます。

Read More...

土地の測量、登記の仕事

保育士の資格を通信で取得する場合いくつかの通信講座から選んでいくことが必要です。比較サイトなどで情報を得ましょう。

pen

現在では就職に有利な資格として、独学で土地家屋調査士の資格を取りたいとする人は多くいます。土地家屋調査士は依頼された土地の価値を調べる仕事です。一見してこの仕事は、土地の権利登記を行う司法書士と同じもののように思われる仕事です。弁護士と仕事の領域が被る司法書士は、独立して仕事を行うとなると他の司法書士の事務所だけではなく、弁護士事務所とも競合することとなるので、思うような収益を得られない場合もあります。しかし、土地家屋調査士の資格を所持していれば土地の測量に関する事も行えるようになるので、司法書士とは違い仕事を取り合うことにはならないのです。現在では司法書士の資格を取りながら、この土地家屋調査士の資格を同時に取得する人も増えています。比較的知名度の高い司法書士ならば、開業した場合にも一般の依頼者が現れやすく、また土地家屋調査士としての技術と仕事の領分が得られるので、効果的に仕事を行うことができるのです。

就職のために多くの人が取得する資格として、保育士の仕事があります。少子高齢化のために子供の数が少なくなっていることから、これから仕事が少なくなるのでは、と考える人もいますが、逆に現在では女性の社会進出や待機児童問題などを受け、保育士を求める職場が多くなっています。子供とのふれあいができるやりがいのある職場であり、資格自体もダブルワークにより取得することができるので、人気の資格となっています。最近多くの人が利用している家事代行サービスも、資格を取ることができます。家事代行業の起業支援を行う機関に連絡すれば、多くの人に喜ばれる丁寧なサービスができるようになります。すべてのカリキュラムを修了すれば、家事代行の資格が得られます。資格を取得すれば、現在人気が高まっている家事代行サービスでも他の業者との差別化が図れるので、利益を生む大きな武器となるでしょう。

幼稚園教諭は大学で目指しましょう。施設や設備が充実している所や、高い就職実績がある所が多いのが決め手です。

資格取得しやすい

pen

子どもと一緒に働いていけるのが保育士の仕事です。新卒でも資格も取りやすいですし、ダブルワークで取得することも出来ます。経験を積めばかなり早期にでも独立できますし、保育業界の活気もあります。

Read More...

資格取得のメリット

study

保育士になるには専門の機関で学習し、資格を習得することが必要です。資格があると就職にも有利になりますし、子育てに必要な知識などを身につけられることにもつながります。

Read More...